私の作ったプログラム

優秀作品

専業主婦とワーキングマザー

読了までの目安時間:約 3分

私は6才と1才の男の子を持つ母親で、現在仕事はしていない。いわゆる専業主婦だ。
夫とは9年前大阪で結婚し、当初は派遣社員として営業事務の仕事をしていたが、東京への転勤を機に仕事をやめることになった。
その後、引っ越し先でも派遣で仕事を探そうかとしていた矢先、妊娠が発覚。結婚3年目、ということで良いタイミングだったのかもしれない。そのまま専業主婦となり、今に至る。
今日たまたまテレビの情報番組で専業主婦VS働く母親の対立について放送していたので、洗濯物を干しながら何気なく見ていた。
その中で、専業主婦と働く母親の金銭感覚が違いすぎてママ友付き合いが大変だ、というようなテーマがあって、ここ最近とても経済的に厳しい我が家を省みて、やっぱりそうかぁとしみじみ感じてしまった。
『専業主婦でいられるほど稼いでくれる旦那さんがいてうらやましい』と私も友人から言われることがあるが、実際フルタイムで働く共働き夫婦と比べれば収入は確実に少ない。
今の生活だと、子供の幼稚園の保育料、習い事、学資保険の支払いなどなど必要経費でほとんどの収入が消えて行き、貯金をすることなど到底不可能。
まさに昨晩もそのことについて夫と夜中話し合いを持ったほどだ。
夫はもちろん、仕事を頑張ってくれている。それを責めているわけではないが、やっぱり私も働くべきなんじゃないだろうかと。
それでも夫は、私に働いてほしくないらしい。
子供が小さいうちから預けることに反対だと言う。こういうことを書くと働く母達から反論されるだろうが、一個人の価値観なんだから、これはもう正しいとか正しくないとかそういうことではない。
この話になるといつも我が家は平行線。
今日のテレビでもタレントの女性がこの問題は永遠に平行線だと最後に言っていた。
働きたいのに働けない母親。
そんな女性が私以外にもたくさんいるだろうこと。それが救いといえるかどうか・・・。

評判の良い育毛剤

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報